Home > スポンサー広告 > 1/9今日の花&花言葉

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://newsam777.blog34.fc2.com/tb.php/371-0e271264
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from SAM'S GALLERY

Home > スポンサー広告 > 1/9今日の花&花言葉

Home > DIARY > 1/9今日の花&花言葉

1/9今日の花&花言葉

ヤブツバキ:気取らない優美さ

yabutubaki

ツバキ(椿、つばき)は、ツバキ科ツバキ属の植物の総称である。
狭義には、ヤブツバキ(あるいは単にツバキとも。
学名:Camellia japonica)を指す。
照葉樹林の代表的な樹木。
花期は冬から春にかけて。
「春」の季語。

花が美しく利用価値も高いので万葉集の頃からよく知られたが、特に近世に茶花として好まれ多くの園芸品種が作られた。
美術や音楽の作品にもしばしば取り上げられている。

18世紀にイエズス会の助修士で植物学に造詣の深かったゲオルグ・ジョセフ・カメルはフィリピンでこの花の種を入手してヨーロッパに紹介した。
その後有名なカール・フォン・リンネがこのカメルにちなんで、椿にカメルという名前をつけた。
19世紀には園芸植物として流行し、『椿姫』(アレクサンドル・デュマ・フィスの小説、またそれを原作とするジュゼッペ・ヴェルディのオペラ)にも主人公の好きな花として登場する。
和名の「つばき」は、厚葉樹(あつばき)、または艶葉樹(つやばき)が訛った物とされている。

「椿」の字の音は「チン」で、椿山荘(ちんざんそう)などの固有名詞に使われるが、ツバキとは無関係のセンダン科の植物チャンチンの意味である。

ツバキの花は花びらが個々に散るのではなく、萼の部分から丸ごと落ちる。
それが首が落ちる様子を連想させるとして武士はツバキを嫌った、というのは明治時代以降の流言であり、実際には江戸時代には大々的に品種改良が進められていたというのが真相である。
スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://newsam777.blog34.fc2.com/tb.php/371-0e271264
Listed below are links to weblogs that reference
1/9今日の花&花言葉 from SAM'S GALLERY

Home > DIARY > 1/9今日の花&花言葉

フリーエリア

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。